NEMU
ニュース
作品
プロフィール
経歴
リンク
ブログ
問い合わせ
映像
LOGIN
管理ページ
Sabua
Sabua
                            ©金子愛帆

初演/2010.5  時間35min 会場 アサヒアートスクエア
振付・演出:岩渕貞太 関かおり
出演:青木絵未梨 新井佳菜子 後藤海春 後藤ゆう 篠ヶ谷美穂 堀莉穂 矢吹唯
協力:米山明花 衣装:竹内陽子 主催:日本女子体育大学ダンスプロデュース研究部

岩渕貞太と関かおりによる共同振付作品。
“身体”“変容”をキーワードに様々な要素を含んだ身体を提示。
“Sabua”とはヘブライ語でカメレオンの意。
カメレオン用に。その都度変わっていく周囲の状況に逆らうことなく、
柔らかく溶け込みながら流れていく。そんな中でも。自分の譲れないもの、
ぶれない核だけは捨てることなく、変わることなく、淀まずに生きていくこと。

作品ノート
 「今ある身体を剥いでどこへでも行きたい。
  変容する身体、変容する状況を受け入れて
  大事なものだけは捨てないで。
  どんな色にでもなる。」
めい
めい
                 ©金子愛帆

初演/2010.10  時間17min 会場 STスポット
振付・演出・出演:関かおり   
STAFF:舞台監督 鳥飼友美 照明 阪口美和 音響:星野大輔 美術:佐々瞬 
衣装:大久保美彩 撮影:松本和幸 金子愛帆
協力:STスポット 稽古場協力:急な坂スタジオ

歪んだ空間の中で、先に進めず、死ぬまで誰とも触れ合わず、一生を終える。
繰り返し、繰り返し、襲う不安。

側にいて。

パラティカ
パラティカ
                                            ©松本和幸
  
初演/2010.10  時間58min 会場 STスポット
振付・演出:関かおり  出演:赤木はるか 深井三実 吉村和顥 米山明花   
STAFF:舞台監督 鳥飼友美 照明 阪口美和 音響:星野大輔 美術:佐々瞬 
宣伝美術 松山朋未 衣装:大久保美彩 撮影:松本和幸 金子愛帆
協力:STスポット 稽古場協力:急な坂スタジオ

タイトルは〝Paradise〟楽園 と〝Mystiker〟秘密の という言葉からの造語。

母体からではなく、土や壁から生まれてくる、生き物。
動物や虫、植物のようでもある。

私たちがとる行動や信じている常識から、少しずらした行動を取る生き物達をみて、
新しく見えてくること。再確認するもの。
ゆきちゃん

ゆきちゃん
                            ©松本和幸

振付・演出・出演/関かおり
初演/2008.11 時間/27min 会場:STスポット
 
『虫籠の中のゆきちゃん。
「虫に’ゆきちゃん’という名前をつけて飼っている男が虫籠を覗いているが、
その男には、虫ではなく、 憧れの女の子に見えている。」』
 
かすかに聴こえるモーター音の中、 裸電球の下で身体の数箇所から粘液を垂らし続けながら踊る。
【STスポットラボ20#20 参加/ラボアワード受賞作品】
 
〈批評〉
半袖に短パン、おかっぱなのだが前髪が ちょうど目を隠すぐらいの長さなので表情が読み取れない。 
そしてゆっくりゆっくりと動くのだが、 異常な緊張感で舞台全体を徐々に満たしていく。 
床にうつ伏せになって手足を逆に上げて蠢く姿は新種の昆虫のようだ。 
おまけに体中のあちこちから透明な ジェルジ状な液体が流れ出して肢体を光らせる。 
見た目の可愛らしさの底に、ゾッとするような 迫力を垣間見させる作品で、魅了された。
                                                                        (DDD2009月2月号 乗越たかお)


にぇーにぇ

                                    ©松本和幸

 振付・演出/関かおり  出演:長谷川寧
 初演/2009.7  時間17min 会場:d−倉庫

『逃げても逃げても、逃げられない夢の中。追いかけてくる悪夢の内と外
出たくなるような、でもそのままどうにか我慢も出来てしまいそうな、
ぬるま湯の中にいるようなザワザワ感。
はっきりしないのに まとわりついてくる、あの皮膚感覚』

肉眼でも見えるか見えないかのギリギリの照明、時折聴こえてくる呼吸音とノイズの中
裸のダンサーがゆっくりと踊り迫ってくる。

ダンスがみたい!11 群々「6:0/作品集」参加作品

〈批評〉
注目の若手が集まる群々。『あたらしい世界』では全員で1つの作品を作ったが、今回は
それぞれが小作品を振付、さらなる将来性を見せつけた。
(中略)関かおり『にぇーにぇ』は長谷川寧のソロ。薄暗く青い明かりの中でまさかの舞踏!?
妙な迫力で長谷川の意外な魅力を見せた。オレはこのところ作り手のしての関かおりには、
非常に興味と期待を持っている。
                        (DDD2009年10月号 乗越たかお)

あたまにあ

 
  

振付・演出・出演/関かおり
初演/2006.10 時間/17min 会場:STスポット
 
赤い人形をミキサーで潰して飲み干し、股から黒い水を放尿。

『頭蓋骨の裏側にこびり付いて剥がれない、 相反する二つの欲求の、 
どちらも叶えてやりたいが、 どちらか一方しか選べないのなら、今日もこちらを。』
 
【STスポット ラボ20#19参加作品】